買い取ってもらうときに有利な着物の洗い方

Pocket

03

大切な着物を買い取ってもらう場合、できるだけ高額で買い取ってもらうのが理想です。しかし、それにはちょっとしたコツが必要。中でも、着物の状態は非常に大きく査定に響いてきます。そこで、着物を買い取ってもらうときに有利になる、着物の洗い方をご紹介しましょう。

【買取時に洗い方で査定額が変わることも】

買取査定に出した着物に、思わぬ染みがついていて、査定額が下がってしまった…。そんなことがあると大きく損します。けれど、より良い買取業者には、優秀な査定士がいるものです。それだけ、どんな些細な汚れも見抜かれてしまうということです。

できるだけ査定額を上げるためにも、やはり着物はきれいにしてから査定に出したいものです。よく、買い取った後に業者が洗ってくれるだろうと思い込んでいる方もいるようですが、洗わずそのまま査定に出してしまうと、査定額が下がってしまうことも大いに考えられるのです。

【上手な着物の洗い方】

では、具体的に査定に有利になる着物の洗い方をご紹介します。
着物を洗うときは、必ず着物専門のクリーニング業者に依頼しましょう。中には、着物を受け付けていないクリーニング店もあるので注意が必要です。着物専門でない店でも受け付けてくれるところもありますが、どうしても着物の扱いに慣れていないため、洗濯方法によっては生地が傷んで戻ってくることも。
やはり、着物に特化したクリーニング店に依頼するのがベストです。

ちょっとした染みなら、自分で染み抜きしてから買取査定に出そうと思っている方は要注意です。自己流の方法ではかえって染みが浸透してしまったり、生地を傷めてしまったりすることも。ここは多少費用をかけてでも、専門店にクリーニングを依頼するのが正しい選択といえます。

きれいで完璧な状態で自分の着物を査定に出して、少しでも着物の査定額が上がるようにしたいものですね。