着物の歴史

02

日本が誇る伝統文化である着物。いつからはじまり、どのような歴史を刻んできたのかをご存知ですか? その歴史を知ると、もっと着物に親しむことができます。

【着物のはじまり】

いわゆる「着物」と呼ばれるものが生まれたのは、いつの時代の頃だったのでしょうか? 古くは縄文・弥生~奈良時代には、中国の影響を受け、ワンピースのような衣服や、上下が分かれている衣服などを着用していたようです。

私たちが今、着物と呼んでいるタイプのスタイルがはじまったのは、平安時代からと考えられています。いわゆる袖があって直線断ちタイプの、日本独自のスタイルが反映された着物です。貴族が着る十二単などが生まれたのもこの頃でした。直線断ちの衣類は、寒いときは何枚も重ねて着たり、暑いときには一枚脱いだりと、気候に合わせて調節しやすい特長があります。この点が、日本の四季によって変化する気候に合っていたようです。

【着物の発展】

平安時代を経て、鎌倉時代や室町時代、安土・桃山時代と進んでいく中、武家社会の戦乱のさなか、より動きやすい小袖タイプの着物へと変化していきました。そして染織技術も発展し、非常に美しい柄の着物が出てきました。

やがて江戸時代になると、小袖に太鼓結びという今に伝わるスタイルが主流になっていきました。いわゆる町人文化が成し得た発展です。

明治、大正時代には、外国の影響を受け、日常的に着物を着るシーンが減っていきました。しかし、官僚や軍人は、正式な場では袴を着用する必要がありました。

現代では、日常生活ではほとんど着物は着られなくなりましたが、正式な場ではまだまだ選ばれています。着物に親しむことで、日本古来の伝統と心を感じることができます。ぜひその着物ならではの味わいを楽しんでみましょう。

着物買取の口コミ情報

07

着物をできるだけ高く売りたいと思い、着物の買取業者を探しているあなた。けれど、闇雲にただ探すだけでは、切りがありませんし、優良な買取業者を逃してしまう恐れがあります。時間をかけずに良い着物買取業者を選ぶためには、実際に査定を受けたことのある客からの口コミ情報を見るのが効率的です。
そこで、実際、どのような口コミ情報が寄せられているのか、いくつか例を見ていくことにしましょう。

【着物買取の口コミ情報の例】

優良な着物買取業者に寄せられている口コミ情報の中には、出張査定料が無料、査定スピードがとても速い、電話応対が丁寧、急な買取方法の変更なども快く受けてくれたなどの優れたサービスを紹介するものが多く見受けられます。

反対に、宅配買取しかない、出張査定で出張料が取られる、後から次々と追加費用や手数料を請求されるなどの悪い口コミもあります。特に、担当者の対応が良くないといった口コミが目立ちます。

【着物買取の口コミ情報をどう活用するか?】

良い口コミであっても、悪い口コミであっても、自分がより良い着物買取業者を選定する際にはとても良いヒントになります。判断基準を知ることができるため、悪い口コミを寄せている人のように、同じ失敗をしなくて済むでしょう。

また、着物買取店のWebサイト上に、買い取った着物の写真と、お客さんからの声が紹介されている場合もあります。この場合、どのような着物が実際にやり取りされたのかを知ることができますし、口コミからそのお店の対応をリアルに知ることができます。自分と同じようなケースの事例があれば、とても参考になるでしょう。

ぜひ口コミ情報を活用して、納得の行く業者を選ぶようにしましょう。

着物買取相場について

06

長年愛用してきた着物を手放すのなら、ぜひその思い出と、大事にしてきた苦労と共にできるだけ高値で買い取ってもらいたいものです。しかし、実際、着物買取の世界では、どれくらいの相場でやりとりが行われているのでしょうか? そこで、着物の買取相場をあらかじめ確認しておき、査定を受ける際の目安にしましょう。

【着物ってどれくらいで買い取ってくれるの?】

着物の買取価格相場は、一言で言って、ピンキリだといわれています。もちろん、生地や状態によって大きく変わってきますが、例えば、買った価格の3%~10%というのが実際のところのようです。
とはいえ、買取業者によって大きく変わってくるので、複数の買取業者に見積もりを出してもらうことは必要不可欠です。複数の査定額を比較し、できればその理由をそれぞれ尋ねて、判断材料とするのをおすすめします。

【何によって価格が変わるの?】

ところで、着物の買取額は、何を元に決まるのでしょうか? まずは「着物の状態」です。まったく着たことのない着物、数回着用したがほとんど新品同様で、状態も良い着物と、何度も着て多少汚れがある着物とでは、かなり差が出てきます。

その他にも、流行の柄かどうかも、大きく価格が変わるポイントだといわれています。当然、流行の柄のほうが高く売れるというわけです。

買取業者の査定士のレベルによっても価格は変わります。着物専門でない人の査定を受けたり、街のリサイクルショップなどで売ろうとしたりすると、どうしても本来の価値が査定額に反映されないこともあります。自分の着物の本当の価値を知る意味でも、ぜひ熟練の査定士のいる買取業者同士で比較し、査定を依頼するようにしましょう。

良い着物買取業者の見分け方

05

祖母や母の遺品の中に、貴重な着物があったとう方や、昔よく着用していたものの、今はもう着る機会も失ってしまった着物があるという方はいませんか? 着物は、とても貴重な衣類で、特別なシーンで着ることも多いので、その家に眠っている着物は非常に高価なものである可能性が高いでしょう。しかし、いざそれを手放そうとした場合、本当に着物の目利きができる専門家に見てもらい、適正な価格を付けてもらいたいものです。

そこで、着物の価値を真の意味で心得ている良い着物買取業者の見分け方をご紹介しましょう。

 

【良い着物買取業者の条件とは?】

良い着物買取業者と呼ぶには、何が必要になってくるでしょうか? まず大前提として、きちんと「古物商」の認可を受けているかどうかは、必須条件です。その上で、査定の経験と実績が豊富であることや、客からの評判が良いことなどは重要な条件といえるでしょう。

料金面では、やはり「出張査定無料」を掲げているような、初心者でも値を下げることなく、公平に対応してくれるところを選びたいものです。

 

【見極めるためにとっておきたい具体的な行動とは?】

着物買取業者を見極めるためには、自ら積極的に行動するのが一番です。Web上の情報だけに頼らず、店舗に実際に赴いたり、電話で先に問い合わせをしてみたりすれば、よりリアルにその着物買取業者のことを知ることができるでしょう。

また、実際、「古物商の許可証」を自分の目で見て確認することも、納得するためには重要な行動です。出張査定の際に身分証代わりに提示されることもあるようですが、それを依頼前に見せてもらうのもいいでしょう。

 

着物の買取は、ぜひこれらのポイントに注意して、できるだけ安心できる業者に依頼するようにしたいものですね。