着物の歴史

Pocket

02

日本が誇る伝統文化である着物。いつからはじまり、どのような歴史を刻んできたのかをご存知ですか? その歴史を知ると、もっと着物に親しむことができます。

【着物のはじまり】

いわゆる「着物」と呼ばれるものが生まれたのは、いつの時代の頃だったのでしょうか? 古くは縄文・弥生~奈良時代には、中国の影響を受け、ワンピースのような衣服や、上下が分かれている衣服などを着用していたようです。

私たちが今、着物と呼んでいるタイプのスタイルがはじまったのは、平安時代からと考えられています。いわゆる袖があって直線断ちタイプの、日本独自のスタイルが反映された着物です。貴族が着る十二単などが生まれたのもこの頃でした。直線断ちの衣類は、寒いときは何枚も重ねて着たり、暑いときには一枚脱いだりと、気候に合わせて調節しやすい特長があります。この点が、日本の四季によって変化する気候に合っていたようです。

【着物の発展】

平安時代を経て、鎌倉時代や室町時代、安土・桃山時代と進んでいく中、武家社会の戦乱のさなか、より動きやすい小袖タイプの着物へと変化していきました。そして染織技術も発展し、非常に美しい柄の着物が出てきました。

やがて江戸時代になると、小袖に太鼓結びという今に伝わるスタイルが主流になっていきました。いわゆる町人文化が成し得た発展です。

明治、大正時代には、外国の影響を受け、日常的に着物を着るシーンが減っていきました。しかし、官僚や軍人は、正式な場では袴を着用する必要がありました。

現代では、日常生活ではほとんど着物は着られなくなりましたが、正式な場ではまだまだ選ばれています。着物に親しむことで、日本古来の伝統と心を感じることができます。ぜひその着物ならではの味わいを楽しんでみましょう。