【プロの着物買取ポイント】着物の種類、サイズ、作者を見ている。

Pocket

いくら保存状態が良い着物でも、素材や種類、サイズ、作者など、「ブランド」といった側面は非常に重要です。
ここでは業者様が見ている着物買取ポイントの、「質」の部分をご説明します。

素材、産地、作家、トレンドは着物の価値

やはり着物は多くの人に取っては高価な物。高価な物にはやはり理由があり、着物には様々な「質」が絡み合ってその価値を産み出しております。
プロや着物買取を行う方々もその質は重要なチェックポイントとして査定しております。
そんな着物のポイントは一般的な服飾と同じ様にサイズや生地、ブランド(作家)、流行などは買取対象となっているようです。

また、着物はやはり生地良い場合はそのもの価値が反映される事も有る為、テレビでも職人さんが取り上げられる用に、天然素材の方が化学繊維より買取価格は高くなります。
「サイズ」については、小さすぎるものや特殊なサイズの着物は買い手がつかずリサイクル用の生地にしかならない事もあり、価格は下がる傾向にあります
しかし着用しやすいサイズであると、需要も多い=販売がしやすいと言う事もあり高額査定のポイントとなります。

ブランド服と同じくして、着物にも著名な作家(デザイナー)が仕立てたもの、著名な産地(ブランド)によって大きく変わるので、こちらも次回に紹介して行きたいと思います。最後に、やはり流行、これは一般のアパレル業界でもあり得ますが、人気の少ない色、柄などがその時々のトレンドに合わせて増減する事が有ります。

やはり良いものであればある程価値は高く、かつ、丁寧に保存されているのであれば高額買取が考えられますね。
このように考えると、着物であっても、その人の物の扱い方、考え方次第で着物買取査定の際に評価される事がありますね。