【プロの着物買取ポイント】着物の保存状態を確認しよう

Pocket

売りたい人にとってはより高く、買取たい人に取ってはより安く。

これは着物に関わらず売買においての基本です。
一般的に中古品は安く買い取られる事も多々ありますが、「保存」「美品」「価値」といった、美術品の様な観点からも価格に反映されます。
ここではプロが着物買取る際のチェックポイントを順番に押さえて行きましょう。

着物の保存状態が良く綺麗な物は高価買取ポイント

着物を買い取ってもらう為の基本としては、保存状態がよく綺麗な着物です。
未着用品、新品、着用回数が少ないもの、いわゆる買取業者がすぐに売れる綺麗な物はやはり手間も省ける事から高く買取を行っている事があります。

ある意味では着物だけに限った話しではないのですが、普段からの保存やお手入れなどが非常に重要になってきます。
一番の最善は定期的に着物屋さんに保管の方法やお手入れを方法を教えてもらってやる事が確実です。

しかし間違った方法の保管や手入れでは生地を傷め、素人目には見えない汚れ等があった場合は買取価格が下落する事もあります。
なぜなら再販するために業者様の方で汚れを落としたりする事で売るまでに時間と手間がかかる事から、着物買取査定ではマイナスになる事があります。
ですので、多くの買取点では経年劣化の少ない5~10年以内のお着物を目安に高価買取を行っている事が業者様にとっても最もよい物として考えている事が多いようです。

しかし上述の通り、お着物はただ普通に保管しているだけでは虫食いやカビ、変色などがあり、せっかくの美品と言われる着物でも劣化して行く可能性はあります。
サイズが合わないから、年齢に合わないから、着る機会が少ないからなど、簞笥に長く保管してしまう事があるならば、なるべく早めに着物の買取査定に出す事をお勧めします。

次の着物買取チェックポイントは、「ブランド!?」